飲食店舗のオーナー、管理者、店長様!リフレッシュクリーニングしませんか?

2020年1月以来、新型コロナウイルスの影響により私たちの多くの生活が変わってしまいました。その中でも飲食店舗を経営されている方には時短営業や休業要請が出されたくさんの我慢が強いられているかと思います。ただ、休業要請中だからこそ、今後の準備のためにも店舗のリフレッシュクリーニングをしてみませんか?感染症対策のためにパーテーションや消毒液などを設置している所も多いと思いますが、時短営業中や休業中を利用しお店のレイアウトを変えたり、いつもできない箇所の掃除をしたりする店舗が多いそうです。「休業助成金がでるのでクリーニングをお願いしたい」をいったお客様からのご依頼もたくさんいただいています。店舗改装まではできなくても店舗クリーニングを行うことでコロナ禍が終わった後の集客アップにつながる可能性もあります。以下、具体的な店舗リフレッシュクリーニングについてまとめていますので、ご覧ください。

飲食店 クリーニング

<目次>

・ダクト清掃

・エアコンクリーニング

・床清掃

・グリストラップ清掃

・殺菌処理作業

・害虫駆除作業

・まとめ

 

ダクト清掃

ダクトとは室内と屋内の空気の通り道のことで換気する役割をもっています。感染症の流行により今まで以上に換気することに敏感になられている方も多いでしょう。店舗経営をされている方も同じだと思いますが、ほとんどの店舗にはダクトが設置されていてそこで換気を行っていることが多いです。そのダクトが汚れていたらどうなるでしょうか?例えば飲食店ならキッチンの臭いや煙がフロアに流れてしまったり、お店の外に漏れだしてしまうことで店の評判が悪くなり客足も遠のいてしまうかもしれません。さらにダクト汚れが原因で熱を排出することができなくなると、調理の際に発生する熱が屋内にこもり作業効率が悪くなることもあります。最悪の場合ダクト火災が発生することもあります。ちなみに、飲食店にある排気ダクトや厨房フードは防火管理のために清掃を条例に義務付けられており、消防局は排気ダクトフードの清掃を推奨しています。実際に、2018年京都の先斗町と祇園で火災がありました。こちらの事故はダクト掃除をバーナーで行おうとした結果、大きな事故になってしまったそうです。ダクト清掃は知識がないまま行ってしまうと大きな事故に繋がることがあり、お店の方が清掃を行うことは非常に難しいです。自ら掃除をしたとしても、手の届く範囲しかできず完全なクリーニングが行き届かない場合がほとんどです。ダクト清掃を行い、空間の換気効率をあげ、お店を火災から守りましょう。当社では実際にダクト清掃を行った実績がございます。下記事例時期もありますので、ご覧ください。

京都市下京区 ダクト清掃(飲食店舗の厨房)

京都市中京区 ダクトフード清掃(飲食店)

ダクトフード清掃メンテナンスで火災からお店を守りましょう!

ダクト清掃

エアコンクリーニング

エアコンクリーニングとは、文字通りエアコンの掃除を行うことです。エアコンの掃除といってもフィルターだけではなく普段手の届きにくい内部の部品まで徹底的に洗浄してくれる掃除のことをいいます。実はエアコンは外の空気を吸い込んでいるのではなく室内の空気を吸い込み、エアコン内部で冷やされたのちに冷たい風として放出しているのです。なので、室内のホコリや汚れなどをエアコンに吸い込んでいることになり、内部が非常に汚れていることが多いのです。飲食店などの場合は油汚れなども吸い込んでいてエアコンカバーを外すと油汚れがべったり付着していた、なんていうこともあります。そのホコリや汚れなどを放置しておくと稼働効率が悪くなり、電気代が高くなってしまいます。さらにそのまま稼働させるとエアコン負荷がかかり故障してしまうこともあります。また、エアコン内部は空気を冷やしているため、どうしても湿気がたまりやすく、どうしてもカビが発生しやすい状況になってしまいます。そしてその内部に発生したカビは室内に放出され、私たちがその空気を吸い込んでしまうことで身体に悪影響を及ぼすことがあります。「エアコンをつけたとたんに咳がでてきてしまった」「エアコンをつけたら喉が痛くなった」という経験をしたことがある方も多いかもしれませんが、これらの原因はエアコンかもしれません。なので、このエアコンクリーニングも普段なかなか行えない店舗クリーニングの1つだといえます。当社では多くのエアコンクリーニングの施工事例がございますので、ぜひ参考にしてみてください。

京都府城陽市 業務用エアコンクリーニング 天カセ4方向(飲食店)

京都市南区 業務用エアコンクリーニング 天カセ4方向(学習塾)

滋賀県栗東市 業務用エアコンクリーニング 天カセ4方向(介護施設)

京都市中京区 エアコンクリーニング(ホテル・宿泊施設)200台

 

 

床清掃

飲食店の床や絨毯、カーペットなどは食品を扱っているため、油や食べ物などのベタベタ汚れがこびりつき非常に汚れていることが多いです。お客様や従業員の方の移動が多く行われるため、表面が摩擦しやすくなっており、また家具や椅子の引きずりも多く細かい傷なども多いです。なので、床のメンテナンスも定期的に行うことをオススメしています。飲食店や店舗の床にはワックスが塗られていることが多いですが、そのワックスも実は劣化していくのです。その劣化したワックスの上から新しくワックスを塗ってしまうと美観を損ねてしまう原因となります。なので、劣化した古いワックスを適切にはがしていく必要があります。この作業を「ワックスの剥離作業」といいます。剥離専用の薬剤を使用し古いワックスとなじせた後、ポリッシャーと呼ばれる機械を使用し床の洗浄を行います。ポリッシャーが入らない場所は手作業を行い隅々まで汚れを落としていきます。すべての汚水を回収した後にワックスを塗布し乾燥させていきます。下記写真をご覧いただくと非常にわかりやすいと思います。ここまできれいになるとお客様も気持ちよくお食事を楽しまれるのではないでしょうか。

飲食店床クリーニング前

 

飲食店床清掃後

 

京都市中京区 定期清掃 床の剥離清掃、厨房作業(飲食店)

滋賀県草津市 床面洗浄 剥離作業(オフィス)

 

グリストラップ清掃

グリストラップとは、名の通り厨房の排水に含まれる油脂分や残飯、野菜くずなどの分離、収穫し排水や排水管を詰まらせらせたり下水の直接流れ込んだりするのを阻止する役割をもっています。業務用の厨房にはグリストラップの設置が義務付けられています。排水中の油脂などを下水に流さない為に一時的にためておくことが出来ますが、そのまま放置してしまうと悪臭や害虫が発生し、油脂やゴミが溢れ出してしますと配管の詰まりや逆流、下水水域の環境汚染につながってしまうため定期的な清掃が必要となってきます。業者に依頼することで清掃の手間を省けるのはもちろんのこと、害虫・害獣問題の発生を抑えることができますし、重労働な作業を削減することにより、社員やアルバイトの定着にも繋がります。グリストラップ清掃を自分で行っているとお分かりかもしれませんが、底にたまった汚泥をすくう際、深いよどれを取り除くため厳しい体勢で行わなければならず、アルバイトは嫌がる方も多いと聞きます。1年に1度でも業者に依頼することで、日々の清掃が格段と楽になり店内も清潔に保つことができるでしょう。

グリストラップ前

グリストラップ後

飲食店のグリストラップ清掃は「京滋の清掃会社.jp」まで!

京都市中京区 グリストラップ清掃(公共施設)

 

殺菌処理作業

飲食店を経営されている方、店長様などは食中毒やノロウイルスなどの感染症に常に気を張っていることだと思います。2019年には京都の保育園で食中毒が発生したケースもあります。幸い亡くなられた方はいなかったようですが、近年給食センターや飲食店が原因でノロウイルスやO157が蔓延し死亡するケースも耳にします。こういった事態が店舗で起こってしまうと、一時休業や最悪閉店にまで追い込まれてしまうことも珍しくありません。そうなると従業員の皆様も仕事がなくなってしまいます。こういった最悪の事態にならないために、「殺菌処理作業」を行うことをおススめします。殺菌処理作業とは、厨房什器やドアノブ、トイレなどを中心に塩素系で殺菌を行うことです。また、当社では新型コロナウイルスの予防消毒、発生後消毒も併せて承っておりますので、お気軽にご相談ください。

食中毒 殺菌

殺菌処理作業

滋賀県大津市 食中毒予防 飲食店厨房内の消毒殺菌作業

新型コロナウイルスの消毒作業も承っています

 

害虫駆除作業

飲食店にはどうしても付き物の害虫問題。当社では姉妹サイト「京滋の害虫駆除.com」というサイトを運営しており、ゴキブリ、ネズミ、ハチ、シロアリ等の害虫・害獣駆除サービスを提供しています。実際に当社でお付き合いのある飲食店を経営されているお客様とは月に1回の定期点検を行っています。食品を扱うため、先ほどお伝えしたグリストラップ清掃や日頃の店内清掃をしっかりと行っていても害虫を見かけてしまうこともあるでしょう。店内を清潔に保っていても、外からの侵入や近隣店舗の影響があることもあります。なので、ゴキブリやネズミなどの害虫に関しては店内に現れてお客様に不快な想いを与えないためにも、しっかりとした対策が必要です。実際に、コンビニエンスストアでネズミが走り回っている様子がSNSで拡散されてしまい、営業停止に陥りその後閉店したそうです。害虫1匹ではありますが、お店の存続に大きく関わっていることになりますので、定期的にメンテナンスを行いましょう。

害虫駆除

京都市下京区 ゴキブリ駆除 定期管理(飲食店)

京都市南区 ネズミ定期防除(卸売会社)

 

まとめ

今回は厨房のリフレッシュクリーニングについてまとめて解説しました。2021年11月頃から時短営業などの解除も検討されているとのことなので、休業明け、自粛明けに向けて店内リフレッシュして気持ちよく営業再開してみませんか?こちらには記載していませんが、全体的な店内清掃も行っています。普段なら少しづつクリーニングするところも、休業中にまとめてご依頼いただくことで料金もお安くすることも可能です!ぜひこの機会にお問合せ下さい。お見積りは無料です、お気軽にご相談ください。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930