エアコン稼働前の試運転でトラブル防止!臭ったらエアコンクリーニングを

5~6月や10~11月は一日の気温差も大きくてなかなか晴れた日も少なく、気分がどんよりしてしまうことも多いのではないでしょうか。湿気が多かったり、雨の日が続いたりすると気持ちが落ち込んでしまうこともありますよね。梅雨の季節や雪が降ったりすると洗濯ものは乾かないし、主婦の皆さまは憂鬱になると思います。そんなどんよりした気分のとき、オススメなのが掃除をすることです。掃除をすることはどんよりした気持ちまでスッキリすることができるので、気分転換にもなりますよ。普段しないところの掃除を気の済むまですると、前向きにすごせるようになるはずです。その掃除のひとつとしてエアコンクリーニングがあります。先日空調大手メーカーのダイキンさんが「正しいエアコンの試運転を!」という呼びかけをされました。

キャプチャ.PNG

上記の画像を見ていただいたらおわかりになるように、ダイキンさんが言うには、

①運転モードを「冷房」に、温度を最低温度(16~18度)に設定し10分程度運転
②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認
③さらに30分程度運転し、室内機から水漏れがないか確認
④異常や異音がないか確認

という順で行うと良いみたいです。今の時期に試運転を行うことでエアコンへの負担がかかりにくく製品にも環境にもやさしいそうです。またそのダイキンさんの呼びかけに対してSHARPさんも反応してTwitterで同じように呼びかけをしています。SHARPさんは、「設定18℃で冷房10分→問題あれば各メーカーにお問い合わせ。リモコンの電池切れも要注意です。」としています。

上記のように大手メーカーさんが呼びかけるということは非常に重要な問題だと捉えています。そして試運転を試した際、「何か臭う、臭い」ってことがあると思います。それはカビだったりホコリだったり、カラダに悪いことだらけです。過敏性夏型肺炎といって、アレルギーの原因になることもあります。エアコンが原因で起こる病気について詳しく書いた記事がありますので一度ご覧ください。咳が長く続くし止まらないなあと感じたらこの病気を疑ったほうがいいかもしれません。

エアコンのカビ・ホコリが原因で病気になる?!

 

また、エアコンクリーニングをすることでエアコンの寿命にも繋がります。綺麗になるとエアコンの負担が減るのでその分寿命がのびることになります。機会なので定期的なメンテナンスは大切ですね。故障すると数万円、買い替えるとなると数万円とかかってくるのでできるだけ長持ちさせるためにもエアコンクリーニングは必須です。空気がきれいになるだけでなく節電や省エネにもなりますし、気持ちもスッキリします。エアコンクリーニングのメリットについての記事もございますので、よろしければ読んでみてください。

エアコンクリーニングのメリットって?

 

エアコンクリーニングについての不安や心配事もあると思います。少しですが実際に当社のエアコンクリーニングに行った現場の作業風景がありますので載せておきます。また実際に行った現場のブログもございますので、動画と一緒に注文名の際の参考にしてみてくださいませ。

京都市右京区 エアコン掃除

当社は京都・滋賀を中心に施工しています。お問い合わせ・お見積りは無料です。

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031