清掃のプロが考える!後片付けが簡単な豆まきのアイデア5選

京都と滋賀を中心に、ハウスクリーニングなど清掃サービスを行っている株式会社マイジョリティサービスです。今回は、後片付けが簡単な豆まきについてのインスタ投稿をご紹介します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お掃除のさと | プロの簡単お掃除術(@sato_osouji)がシェアした投稿

当社インスタグラム(@sato_osouji)では「家庭で役立つお掃除情報」を発信しています。掃除に関するご相談やお問い合わせも受け付けていますので、お気軽にフォローしてくださいね。

家の中で実際に豆をまくと後片付けが大変ですよね。散らばった豆を集めるために掃除機をかけても、小さい豆が家具の隙間に入り込んでしまったり。そんな豆まきの後片付けを簡単にするアイデアを5つご紹介します。

①部屋をめちゃくちゃキレイにしておく
新居のようにキレイで家具も置いていない部屋を用意すれば、どんなに豆をまいても拾い集めるだけで大丈夫。キレイな床に落ちた豆なら食べれますね。しかし、そんな部屋を用意できる人は少ないと思うので次のアイデアに行きましょう。

②床に新聞やビニールシートを敷いておく
豆まきをする部屋の床一面に新聞やビニールシートなどの敷物を敷くことで、豆が直接床に落ちることを防ぎます。敷物自体を回収できるので、豆も一つずつ拾うよりはいくらか簡単に片付けることができます。落ちた豆は敷物の上なので、拾って食べても安心と衛生的です。

③小袋に入った豆を投げる
最近では、袋に小分けにされたままの豆を投げることも多いですね。

④豆以外の物を投げる
「豆まき」という名のイベントですが、豆ではなく個包装のチョコや飴などのお菓子をまくこともあるそうです。豆が嫌いな小さいお子さんも喜びそうですね。

⑤落花生を投げる
東北や九州の一部地域では、豆まきに殻付きの落花生を投げるそうです。大きいため家具の隙間や物陰にも入りにくいですし、床に落ちたものを拾っても殻を剝いてから食べるので衛生的です。ちなみに、落花生の生産量の日本一は千葉県だそうです。豆だけに豆知識でした。

色々ご紹介しましたが落花生やらお菓子やら、豆まきなのに大豆以外の物を投げていいのか?という疑問にお答えします。そもそも、豆まきのルーツはお供えしていた穀物だったそうです。お供えで厄を払うという目的で、元々は収穫したお米を投げていたとのこと。それがお米だと勿体ないから、という理由で時代と共に大豆へ変化していったわけですね。「伝統行事だから豆じゃなきゃダメ!」と頭ごなしに否定せず、後片付けが楽な方法を選んでも良いのかなと思います。夫婦共働きが当たり前の時代ですし、こうした行事になかなか時間が割けないような時代と共に、形を変えながら存在するのもまた伝統なのではないでしょうか。

 

その他、当ウェブサイトではご家庭での掃除に役立つコラム記事も公開しています。興味のある方はご覧ください。

傷だらけになる前に!メラミンスポンジで使ってはいけない5つの場所

忘れがちな天井の換気扇掃除!5分でキレイになる方法

サッとキレイ!5分でできるサッシ掃除

 

Youtubeでは当社スタッフの作業の様子を公開しております。当社は公式チャンネルを作成し日々清掃の動画更新しています。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

2023年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31