チャットGPTに「空室ハウスクリーニングの作業道具について」聞いてみた 

「京滋の清掃会社.jp」を運営しています、株式会社マイジョリティサービスです。当社では、京都・滋賀エリアを中心にハウスクリーニング、エアコンクリーニングを行っております。今回、巷で話題となっているChat GPTで「空室クリーニングの作業道具について」質問をしてみましたのでご紹介させていただきます。まずチャットGPTとは、サフランシスコのOpenAI社が作り出した最新のAIチャットポットです。チャットGPTは生身の人間とチャットをしているような感覚でリアルな会話文を生成することができる機能です。クリエイティブな言葉を正確に打つことによって最適な答えを導きだすことが可能となります。当社では、様々な場面でChat GPTを使用しており、今回は「空室ハウスクリーニングで使用する作業道具」についてを質問してみました。

Q:空室クリーングで使用する作業道具について教えてください。
A:空室ハウスクリーニングに必要な作業道具には、以下のようなものがあります。
  1. 掃除機:カーペットやフローリングの掃除に使用します。機種によっては、細かい埃やホコリを吸い取ることができるものもあります。
  2. ブラシ:ダストや汚れを落とすために使用します。種類によっては、畳用、カーペット用、床用などがあります。
  3. モップ:床の拭き掃除に使用します。水拭き用やドライ用など種類があります。
  4. ウェットティッシュ:油汚れや汚れが固着したばっほの清掃に使用します。種類によっては抗菌・消臭効果のあるものもあります。
  5. スポンジ:キッチンや浴室など、水回りの清掃に使用します。汚れがつきにくいものや、抗菌処理が施されたものがあります。
  6. ゴム手袋:手荒れを防ぐために、また汚れが強い場合に使用します。

ごみ袋:ごみを捨てる際に使用します。大きさや厚み、耐久性など、使用する場所や目的に合わせて選ぶことができます。
これらの道具を使い分けながら、効率的かつ丁寧な清掃を行うことが大切です。また、使用する道具は清潔に保ち、次の作業に移る前に必ず洗浄するようにしましょう。


上記のような回答でした。実際に空室クリーニングを行うには必要な道具ばかりを正確に回答しています。ですが一点だけ使用しない道具が記載されていました。それはウェットティッシュです。当社ではウェットティッシュは一切使用せず、油汚れ汚れが固着した場所には雑巾やタオルを使用し汚れを落としていきます。また、クリーングを行う際に必ず必要な道具が一つ回答されていませんでした。その道具は「バケツ」です。「バケツが無くても仕事はできるでしょう?!」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、バケツが無いと水を流しっぱなしになったり、汚れが付いた雑巾などを洗うことができません。他もつけ置き洗いをする際や、道具を運ぶ際にもバケツは必ず必要な道具となります。今回のChatGPTの回答はバケツ、ウェットティッシュ以外正確な回答となりました。他の質問をするとまた、違った回答が返ってくるかもしれませんのでこの記事を読んでいただいた皆様もう一度試してみてください。面白い回答が返ってくるかもしれませんよ。

Chat GPT

2024年6月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30