京都市下京区 防カビコーティング作業(宿泊施設)

「京滋の清掃会社.jp」を運営する株式会社マイジョリティサービスです。当社所在地は京都ですが、この京都には毎年多くの外国人の方々が観光のために訪れます。2019年の京都へ訪れた外国人観光客は886万人といわれています。2020年までに宿泊施設を合計4万室が必要だと発表されています。当社でも以前ゲストハウスの運営をしていましたが、今回は京都市下京区にあるゲストハウス様からのご依頼でした。ご依頼内容は「防カビコーティング処理」がメインとなる施工でした。宿泊のお客様のほとんどが外国人の方ということで気持ちよくお迎えするためにも大事な作業となってきます。まさに「おもてなし」の心ですね。

防カビコーティングとは、有害成分を含まないコーティング剤を使用し、あらゆる箇所に発生するカビを防ぐことです。防カビコーティングの施工範囲はお客様のご要望と予算にあわせてお伺いします。浴室内のバスタブ内側、外側、天井、壁面や、洗面所のクロス、収納内部や洗濯機ドレンパン、トイレの壁面クロスや天井クロス、キッチンの壁面クロス、天井クロスなど様々な箇所の施工を行います。今回は、室内の天井、壁、床、カーペットなどその他全ての備品を今後カビが繁殖しないよう防カビコーティング処理をして殺菌・抗菌を行いました。写真は当社スタッフが抗菌剤を浸透させ丁寧にベッドフレームを拭き上げているところです。

防カビコーティング

 

 

一日かけて3部屋、施工させていただきました。これは宿泊施設様だけでなく一般のご家庭でもいえることですが、カビを予防するには5つの対策方法があります。まず、1つ目に定期的に窓を開けて風通しを良くすることです。お家の状況や立地環境など様々な理由はあるかと思いますが、5分でもいいので風を通すことをおススメします。2つ目に、収納は通気性をよくすることです。タンスやクローゼットの中に、服や物をぎゅうぎゅう詰めにしてはいませんか?物をたくさん詰め込んでしまうことで通気性が悪くなりカビが生えやすくなります。3つ目に、すのこを置き空間をつくりましょう。布団などの寝具を直接押し入れなどにいれるとカビが生えやすくなるのですのこ等を敷いて通気性をよくしましょう。4つ目に、衣替えの時期に掃除を行うことです。年に数回衣替えを行う方も多いと思います。その際に、普段できない掃除も一緒に行ってください。カビは湿度や気温の他に、ホコリや食べカス、ダニなどの栄養分があることでも繁殖していくからです。最後に、市販の除湿剤を置きましょう。窓のない部屋や、湿気が溜まりやすい場所には除湿剤をおきましょう。ただいくら今記載した5つの対策を行っていてもカビが生えてしまうこともあります。一度発生してしまったらカビを除去すること、今後繁殖していかないように防カビ処理を行うことが大切です。

 

作業を終え、お客様には当初のカビ臭さもなくなり大変喜んでいただけました。ご宿泊のお客様も気持ちよくお休みいただけると思います。宿泊施設様にとってはお客様からの口コミレビューは非常に重要視されているようで、マイナスな評価が続くと稼働率も悪くなるため、カビ臭さをなくすことで今後の売り上げに繋げていきたいと仰られていました。当社も宿泊施設様と同じくお客様からの口コミを大変重視しています。清掃業界でもなかには悪徳業者もいるため、あまりいいイメージを持たれないお客様もいらっしゃいます。そうしたお客様の不安を少しでも解消できるのがお客様の声だと当社は考えております。良い評価も悪い評価も包み隠さず公開しています。よろしければ一度ご覧ください。

お客様の声随時更新しています!

 

ハウスクリーニング業者は全国に多く存在しますが、当社は特徴のあるマーケティングを行っています。対応エリアを京都と滋賀に限定し、自社施工、ウェブ集客に特化することで低価格で高品質なサービスの提供が実現できています。お見積もりは無料です。防カビコーティングの他にも、ハウスクリーニング、エアコンクリーニング、定期清掃、日常清掃など承っています。お気軽にご相談ください。

2021年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031