【GoProのある現場】滋賀県草津市 フローリングの剥離洗浄作業風景

京都・滋賀エリアを中心にハウスクリーニング、エアコンクリーニングなどを行っている「京滋の清掃会社.jp」株式会社マイジョリティサービスです。本日は滋賀県草津市にて水廻りクリーニング(キッチン、浴室、洗面、トイレ)とフローリングの部分剥離作業に行かせていただきました。水廻りは使用頻度が高くこまめに掃除をしていてもすぐに汚れる場所になってしまいます。また、水廻りの床も他の場所より汚れるスピードが速く、汚れを放置しておくと頑固な汚れ、カビの原因となります。水廻りクリーニングと床剥離作業を同時に施工することにより長く清潔に使用することできます。

ワックスをかけているのになぜ床が汚れるの?とお思いの方がいらっしゃるかもしれません。ワックスは何層も重ねて塗っている為ワックスの層に皮脂汚れ、ホコリ、毛、食べかす、油汚れなどが蓄積され水拭きをしていても自然と黒ずんでしまいます。(例の写真:キッチン廻り床黒ずみ剥離作業前、中、後)また、椅子、机などを引きずり動かしてしまうとワックス剥がれの原因になってしまうこともあり、ワックスが掛かっているところとワックスが剥がれてしまったところでは傷の入り方、床へのダメージ、汚れ方が違ってくる為、定期的なメンテナンスが必要となり剥離を行うタイミングは2年に1回が最適だと言われています。

 

 

剥離とは

床に塗ってある古いワックスに剥離(はくり)剤を使用し、ワックスの油膜を除去し、床材を素材の状態に戻すことを剥離作業と言います。

剥離作業の流れ

1、ワックスを剥がす
すでに何層か塗られているワックスに剥離剤を塗っていきます。塗ってから少し時間を置き剥離剤と反応したワックスをパットなどで擦りワックスを剥がしていきます。(※今回は3帖程の広さでしたので手作業で擦りましたが、広範囲になるとポリッシャーという洗浄する機械を使用しワックスを剥がしていきます。)ワックスが剥がれたことを確認し、汚水を回収、離剤剤が残らないように何度か水拭きを行います。水拭きをする際しっかりワックスが剥がれているか確認しながら水拭きを行います。ワックスが残っていた場合は再度剥離剤を塗り同じ工程を繰り返します。

2、ワックスを塗る
きちんと床が乾燥したことを確認しワックスを塗っていきます。ワックスを塗る際も塗りムラが出ないようゴミや髪の毛、ホコリが残らないようにワックスを塗ります。ワックスを塗るにも技術が必要となるためご自身でワックスを塗るのではなく、プロの業者にお任せすることをお勧めします。

床剥離、ワックス掛けをプロに頼むメリット

1、床への負担を最小限に
剥離剤は強力な薬剤な為、むやみに使用すると床を傷めることがありますがプロの業者が剥離作業を行う際は床の状態を見ながら作業をする為床を傷つけることなく剥離作業をすることができます。
2、プロの使うワックスは高耐久性がある
プロが使用するワックスは市販しておらず、市販のワックスとは耐久性、光沢が違ってきます。プロが使用するワックスは、塗り方や、使い方にもよりますが、大体1~2ヶ月は美しさをキープすることができます。
3、目的、用途に合わせたワックスを用意します
ハウス、テナント、オフィスなどでは使用するワックスが変わります。ハウス場合ビニール床、木材床に使用でき光沢が出るものを使用します。テナント、オフィスなどの場合は光沢がで汚れが付きにくく尚且つ耐久性に優れている物を使用いたします。

 

下記にて別に現場ではございますが動画を紹介しおります。参考にご覧ください。また、ワックスを塗る動画も載せておりますのでご覧くださいませ。

他にもYouTubeチャンネル「京滋の清掃会社.jp」株式会社マイジョリティサービスにて様々なクリーニング動画を紹介しておりますのでご覧ください。

 

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031