新型コロナウイルス対策!掃除・消毒をして接触感染を防ぎましょう!

※申し訳ございませんが、只今コロナウイルス作業は問合せが殺到している為、新規の受注は停止しております。ご理解の程よろしくお願い致します。

2019年12月以降、中国の武漢市において流行が認められている「新型コロナウイルス」。ついに日本でも市中での感染者が発生し世界中に広まっています。関西でも感染者がさらに増える可能性が高くなっています。手洗い、マスクをするといった当たり前のことだけではなく、私たち清掃会社だからわかる接触感染の予防方法を考えてみようと思います。朝日新聞社のニュースでも取り上げられていたように接触感染で感染が広がっていることも多いようです。たくさんの人が出入りする場所の管理者様は要チェックです!当社は京都・滋賀エリアで清掃サービスを提供する【京滋の清掃会社.jp】株式会社マイジョリティサービスです。私たちはウェブサイト集客に特化し、対応エリアを京都・滋賀エリアに限定、自社施工を行うことで低価格で品質の良いサービスを実現しています。また当社では新型コロナウイルスの消毒作業を承っております。実際に、スーパー、公共施設などの消毒施工実績ございます。ご相談やご質問などお気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルスとは?

そもそも、コロナウイルスとは何なのか。それは、人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすコロナウイルスは今までに6種類が確認されていました。その中で深刻な呼吸器疾患を引き起こすとみられているのが、SARSとよばれる「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)」とMERSとよばれる「中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)」です。新型のコロナウイルスはこれに続く7つ目のコロナウイルスにあたります。

 

どんな症状がでるの?

潜伏期間が約14日、2週間あるといわれています。SARSと同じく、発熱やせき、呼吸困難などの症状がでます。鼻水、くしゃみなどの上気道の症状、下痢などの消化器官の症状はSARSに比べると報告は少なくなっています。また、新型のコロナウイルスは普通の風邪と違って発症から7日目以降から症状が悪化していく傾向があると報告されています。

 

どうやって感染するの?

では、新型コロナウイルス感染症はどのようにして感染していくのでしょうか?現段階で飛沫感染と接触感染の2種類が考えられています。

①飛沫感染
感染者がくしゃみや咳などの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染すること。電車の中や、学校、イベント会場など人が多く集まる場所で感染することが多い。

②接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で抑え、そのままドアノブなどの周りのものに触れ、ウイルスがついたドアノブなどを別の人が触って感染すること。電車の中のつり革やスイッチなどから感染することが多い。

接触感染を防ぐ対策は?

まず飛沫感染の対策としては、「手洗い」「マスクの着用」をよくテレビでも言われていますね。これは基本中の基本だと思います。ただ、当社が注目したいのは接触感染です。手洗いやマスクはよく耳にするので気をつけている方も多いと思いますが、意外と見落としがちなのは接触感染に関わることです。なので接触感染を防ぐ方法を考えてみたいと思います。

 

「アルコール消毒をする」

インフルエンザやSARSの経験からもアルコールの消毒は非常に有効です。濃度70-80%に調整された消毒用アルコールを使用し、ドアノブや手洗い前の手で触れやすい部分の拭き掃除をしましょう。その際に、汚れや水分はあらかじめ取り除いておきましょう。手指用のアルコール消毒を行う際も、必ず手洗い後に水気を拭き取り使用しましょう。水気があると濃度が薄まり十分な効果がみられません。ホテルや簡易宿泊所のオーナー様や経営者様は特にアルコール消毒を念入りにしてください。感染者が宿泊施設のお部屋に宿泊した場合、部屋の中にウイルスが蔓延している可能性があります。他の宿泊者様にもそこから感染してしまう可能性もありますので、清掃時にドアノブ、リモコン、鍵、スイッチ、ボタン、蛇口、テーブル、イス、階段の手すり、などのアルコール消毒を行ってください。清掃の際は次亜塩素酸ナトリウムや消毒用エタノールなどが有効です。消毒剤を使用する場合、消毒剤を浸したペーパータオルなどによる拭き取りを行いましょう。霧吹タイプのものはウイルスが舞い上がる可能性があるため使用しない方がいいでしょう。SARSの際に、エレベータのボタンから感染が広がった・・・ともされていますので、先ほどお伝えした箇所については徹底的に消毒をしてください。また、清掃の際だけでなく、入り口にアルコール消毒を置くようにするなどの対策が必要でしょう。ここ数日でも、ホテル、宿泊施設の他に、介護施設、工場、病院、幼稚園、保育園、小中学校、高等学校、専門学校、大学、商業施設、スーパー、コンビニエンスストア、事務所などの出入り口にアルコール消毒を設置しているところが増えたと聞きました。上記の施設に入ってくる方々に意識付けをしてもらうためにも、アルコール設置をすることは有効ではないでしょうか。

アルコール消毒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「清掃を行う」

宿泊施設、商業施設、不特定多数の人が出入りする施設で清潔な環境を作るのに基本的なことは空間を綺麗にすることです。大きな施設だけでなく一般家庭にもいえることですが、ウイルスというのはいろんなところに付着しています。上記で示したドアノブなどの他に、エアコンや衣服にも大量のウイルスが付着している場合もあります。エアコンは空気中のホコリや花粉、PM2.5やウイルスなどを吸い込み吹き出し口から風を送っています。なので、エアコンを少しでも汚さないために部屋の掃除を行いましょうとよく言われると思います。なので、エアコンにもたくさんのウイルスや汚れが付着していることになります。エアコンクリーニングやフィルター掃除などを行うのが賢明です。また、外出をした衣服をそのまま放置してしまうと他の衣服にもウイルスが移ってしまいます。洗濯できるものは洗濯をし、できないものはアルコール消毒を行いましょう。もし、感染した人と一緒に洗濯しないといけない場合は、一緒に洗っていただいても問題ありません。ただ、タオルの共有は避けるようにしましょう。

もし新型コロナウイルス感染症かな?と思ったら

 

咳や熱が出だし1週間後くらいから悪化しだしたり、もし新型コロナウイルスかな?と感じたら病院にいくのではなく、専用の相談窓口へ電話をしてください。この専用番号は各自治体によって様々ですのでインターネットや厚生労働省のHPなどで確認をお願いします。ちなみに京都と滋賀のHPは記載しておきますのでご確認ください。

京都府の新型コロナウイルスに関する専用窓口

滋賀県の新型コロナウイルスに関する専用窓口

 

まとめ

 

3月20日現在市中での感染者が増え続け流行する兆しがあります。感染しても症状が軽い人が多いと聞きますが、重篤化することも考えられますので、対策・予防は徹底して今できることを行っていくことが大切です。

 

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930