京都市南区 トイレ洗浄(製造工場)

当社は京都・滋賀エリアでハウスクリーニング・エアコンクリーニング・特殊清掃等の清掃サービスを提供する【京滋の清掃会社.jp】株式会社マイジョリティサービスです。
先日、京都市南区にて製造工場内にある男子便所、小便器の清掃に伺わさせていただきました。依頼主様は工場を設立されてからトイレ掃除をご自身でおこなっており、ここ最近水の流れが悪く、水が流れきるまでに5分ほどかかり臭いもひどくなってきたので一度、プロの清掃業者に掃除を頼もうと思い、当社のホームページを見つけ、口コミや事例記事がしっかりされていたので依頼した。とおっしゃって下さいました。

事前に清掃内容をお電話にて打ち合わせさせていただいていましたが、清掃に伺わせていただくとトイレの汚れではなく小便器を長年使用することによる尿石の蓄積が原因で臭いが発生、水の流れが悪くなっていることがわかりました。小便器は大便器と違い、詰まるイメージがない方が多いと思いますが、小便器も稀に詰まることがあります。小便器詰まりの原因は、水の使用量が少ないことで尿石がつきやすくなってしまうことです。尿石は、尿中のカルシウムイオンと空気中の二酸化炭素が結合し固まり、便器や配管に付着、蓄積されていきます。使用人数が多かったり、定期的に塩酸系洗剤で掃除をしていなかったりすることで尿石が蓄積されてしまいます。
尿石をそのまま放置しておくと水の流れが悪くなったり、雑菌が繁殖し掃除をしてもアンモニア臭が消えないなどのトラブルが発生します。最悪の場合、トイレの配管工事が必要になることがあります。

作業

今回施工させていただいた作業内容は、小便器のカバーを外し内部に溜まっていた水をポンプなどで汲み上げ、空になった配管に尿石を溶かす塩酸系薬品を流し込みます。※薬品を流し込む際ほかの薬品が入ってしまうと有毒ガスが発生することがある為十分注意を払い薬品を流しこみます。また、小便器カバーはビッシリ尿石が付着しておりましたので、つけ置きをしておきます。30分~1時間ほど放置し、尿石が完全に溶けたことを確認後、配管、便器、小便器カバーを洗浄し水を流し作業終了となります。(下記写真は施工前中後の写真です。)

水の流れが悪くたまった状態

酸性の薬品を直接流し込み尿石を溶かす

尿石溶けたことを確認し水を流す

トイレの尿石を落とすには

尿石は、ハイターなどの塩素系薬品では汚れを落とすことができません。尿石を落とす場合、塩酸系の薬品を使用することが必要です。市販の薬品ですと、サン〇ールやトイレ〇ストが効果的だといえます。ですが、市販の薬品は誰が使用しても安全なように成分を希釈されている為、一度で尿石を落とし切ることは難しいといえます。しつこい尿石汚れは、ご自身で清掃をするよりプロの業者にお任せすることをお勧めします。

 

尿石落とし以外にも学校トイレ清掃やトイレの定期清掃なども行っております。下記にて事例記事を紹介しておりますのでご覧下さい。

滋賀県草津市で小学校のトイレ悪臭問題に対してタイル洗浄

京都市伏見区でトイレの定期清掃作業

また、youtube「京滋の清掃会社.jp」株式会社マイジョリティサービスにて様々な動画を紹介しております。

 

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31