京都市南区 トイレ洗浄(製造工場)

当社は京都・滋賀エリアでハウスクリーニング・エアコンクリーニング・特殊清掃等の清掃サービスを提供する【京滋の清掃会社.jp】株式会社マイジョリティサービスです。
先日、京都市南区、製造工場の男子便所小便器清掃に伺わさせていただきました。依頼主様は工場を設立されてからトイレ掃除をご自身でしていたがここ最近水の流れが悪く、水が流れきるまでに5分ほどかかる日もあり、臭いもひどく少しでも改善しようとご自身でいろいろ試したが何も変わらなかったので一度プロの清掃業者に掃除を頼もうと思いインターネットで当社のホームページを見つけ依頼した。とおっしゃっていました。

事前に清掃内容を打ち合わせをさせていただいていましたが、当日清掃を行う小便器を確認すると長年使用することによる尿石蓄積が原因で臭いの発生、水の流れが悪くなっていることがわかりました。小便器は大便器と違い詰まるイメージがない方が多いと思いますが、小便器も稀に詰まることがあります。小便器は大便器とちがい水の使用量が少ないため、尿石がつきやすいといわれています。
尿に含まれているカルシウム化合物が有機物に反応することにより固まり、排水管や便器に付着、蓄積されます。また使用人数が多かったり、掃除が行き届いていない場合なども尿石が溜まりやすくなります。尿石をそのまま放置しておくと水の流れが悪くなったり、雑菌が繁殖し掃除をしてもアンモニア臭が消えないなどトラブルが発生します。最悪の場合、配管ごとトイレの交換工事が必要になる場合もあります。

下記写真は施工前中後の写真です。
小便器のカバーを外し、内部の水をポンプなどで汲み上げ、空になった配管に尿石を溶かす薬品を流し込みます。(薬品を流し込む際ほかの薬品が入ってしまうと有毒ガスが発生することがある為十分注意を払い薬品を流しこみます。)
30分~1時間ほど放置し、尿石が溶けたことを確認後水を流します。

水の流れが悪くたまった状態

酸性の薬品を直接流し込み尿石を溶かす

尿石溶けたことを確認し水を流す

尿石はアルカリ性汚れのため、塩酸系の洗剤ではきれいに落とし切ることができません。尿石を落とす場合、酸性の薬品を使用することが必要です。市販の洗剤は誰が使用しても安全なように作られているいる為、成分を希釈されており尿石を完全に落とし切ることは難しいといえます。尿石を落とす際、薬品を流し込むだけではなく術や道具が必要となるため、プロの清掃業者に一度見てもらうことをおすすめします。お見積もり無料ですのでご気軽にご相談ください。

小便器意外にも学校トイレ清掃やトイレの定期清掃なども行っております。下記にて事例記事を紹介しておりますのでご覧下さい。

滋賀県草津市で小学校のトイレ悪臭問題に対してタイル洗浄

京都市伏見区でトイレの定期清掃作業

また、youtube「京滋の清掃会社.jp」株式会社マイジョリティサービスにて様々な動画を紹介しております。

2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031