ホーム > エアコンクリーニング

エアコンクリーニング

エアコンクリーニング

エアコンクリーニング画像1
お使いのエアコン、汚れていませんか?嫌なニオイがしたことありませんか?前回、エアコンクリーニングしたのは、いつでしたか?エアコン内部の汚れをクリーニングしないまま使い続けると、カビなどが繁殖して嫌なニオイを発生させるだけでなく、アレルギーの原因にもなりかねません。その他にも、エアコンの冷房効率が落ちたり電気代がかさんだり、故障の原因にもなります。「京滋の清掃会社.jp」は京都府、滋賀県エリアを中心にエアコンを分解させて、専用の高圧洗浄機で徹底的にクリーニングします。
現在複数台ご注文のお客様に限り割引キャンペーンを実施中です!!

【エアコンクリーニングに関するお願い】

エアコンクリーニング画像2
  • エアコンクリーニングの際に電気・水道をお借り致します。
  • エアコンの電源を切って作業しますので、事前にブレーカー(電源)のある場所をご確認下さい。
  • エアコンの直下で分解・組立作業を行いますので作業スペースの確保をお願いします。
  • 分解した各部品を洗浄する作業スペースをご用意下さい。
  • 故障や動作確認ができないエアコンは、クリーニングを承ることができない場合もございます。
  • 製造より10年以上経過している機器につきましては、万が一の保証が出来かねる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【 エアコンクリーニングの作業手順 】

YouTube Movie
YouTube Movie
  1. 本体のカバーをはずし、まわりを汚れないように養生します。
  2. 本体のカバー、フィルターなどを取り外して、一つ一つ洗浄します。
  3. 本体をビニールシートで養生して、高圧洗浄機で内部のアルミフィンなどを洗浄します。
  4. 洗浄後にアルミフィンに防カビ剤を散布します。※オプションになります。お問合せ下さい。
  5. 乾燥後に部品を組み立てて、試験運転をして作業完了です。


家庭用エアコンクリーニングの手順を動画で配信中


家庭用エアコンクリーニングの手順を動画で配信中

※作業手順説明の為、簡素化しております。実作業とは異なります。

料金案内

お問い合せページへ

家庭用エアコンクリーニングの作業内容

※家庭用エアコンクリーニングの標準作業内容

・前面化粧パネル、フィルター、外装カバーは全て分解クリーニング

・熱交換器、シロッコファンは高圧洗浄機によるクリーニング

※所用目安時間:通常家庭用エアコン90分 お掃除ロボ機能付き家庭用エアコン120分(1名対応の場合)

IMG_8927.jpg
作業手順1
エアコンの周辺を汚さないようビニールで養生した後、エアコン本体から化粧パネル、フィルター、外装カバーなどの分解可能な部分を取り外していきます。
部品を取り外すことで内部の普段お手入れが難しい、熱交換器やシロッコファンをクリーニングすることが出来ます。
IMG_4229.jpg
作業手順2
分解した部品(化粧パネル、フィルター、外装カバーなど)は、水洗いできるものは全て洗浄して拭きあげます。
電装部品がついており水洗いが出来ない場合は、拭きあげにより仕上げていきます。
※浴室、ベランダなどの洗い場をお借りいたします。
IMG_5770.jpg
作業手順3
汚水が飛び散らないようエアコン回りをビニールで養生します。
熱交換器(アルミフィン)、シロッコファン、エアコンの送風口を高圧洗浄機を使用し、洗浄していきます。
※コンセントをお借りいたします。
IMG_4223.jpg
作業手順4
水気を拭きあげてエアコンを組み立てます。
試運転をしながら内部を乾燥させ、正常に動いているかを確認して作業終了です。

業務用エアコンクリーニングの作業内容

※業務用エアコンクリーニングの標準作業内容

前面化粧パネル、フィルター、外装カバー、ドレンパン、ファンは全て分解クリーニング

熱交換器は高圧洗浄機によるクリーニング

※所用目安時間:天カセ4方向吹出しタイプ業務用エアコン150分(1名対応の場合)

エアコン分解中.jpg
作業手順1
エアコンの周辺を汚さないようビニールで養生した後、エアコン本体から化粧パネル、フィルター、外装カバー、ドレンパン、ファンなどの分解可能な部分を取り外していきます。
部品を取り外すことで内部の普段お手入れが難しい、熱交換器をクリーニングすることが出来ます。
エアコン部品.jpg
作業手順2
分解した部品(化粧パネル、フィルター、外装カバー、ドレンパン、ファンなど)は、水洗いできるものは全て洗浄して拭きあげます。
電装部品がついており水洗いが出来ない場合は、拭きあげにより仕上げていきます。
※洗い場をお借りいたします。
エアコン洗浄中.jpg
作業手順3
汚水が飛び散らないようエアコン回りをビニールで養生します。
熱交換器(アルミフィン)を高圧洗浄機を使用し、洗浄していきます。
※コンセントをお借りいたします。
エアコンパネル.jpg
作業手順4
水気を拭きあげてエアコンを組み立てます。
試運転をしながら内部を乾燥させ、正常に動いているかを確認して作業終了です。

なぜエアコンクリーニングが必要なの?こんなメリットがあるからです!!

エアコンクリーニングはシーズン毎にしっかりとフィルターをお掃除してるから大丈夫という方もいらっしゃいます。
でも実は・・・エアコンフィルターのお掃除だけでは内部までの汚れには効果はありません。
エアコン内部は使用頻度にもよりますが、カビやホコリだらです。
こうなってしまうと自分でお掃除するにはなかなか大変です。
そんな時はプロのエアコンクリーニングをオススメします!エアコンクリーニングのメリットのご紹介です!

1.風量、風速が回復する。

エアコンの風を吐き出すファンにホコリやカビが吸着していると風量、風速が低下します。
高圧洗浄機でホコリやカビを洗い流し、ファンをキレイにすることで、風量、風速が回復します。

2.臭いの除去、軽減に効果的。

エアコンから酸っぱい臭いがする。なんだかホコリ臭いと思ったらエアコンクリーニングをオススメします。
エアコンは室内の空気を取り込んで吐き出す仕組みなのでそれにより生活臭も一緒に吸着してしまう場合があります。
また、夏場のエアコン内部はとても湿度が高くなるため、カビの繁殖が起こりやすいのも原因の一つです。
臭いの原因を元から断つことでエアコンクリーニングは臭いの除去、軽減に効果があります。

3.機器の寿命が延びる。

やはり機械なので定期的なメンテナンスが重要と考えられます。
汚れを放置すれば、フィルターの目詰まりまた、熱交換器(アルミフィン)の目詰まりが発生し機器に負担がかかってきます。
また、エアコン内部の結露で発生した水分を外に流す排水ドレーンに汚れがたまればドレーンパン、ドレーンホースにスライム状、ゲル状の汚れが詰りエアコン本体から水漏れを起こし故障の原因にもなります。
定期的なエアコンクリーニングが機器にとって寿命を延ばす方法のひとつです。

4.節電、省エネ対策。

エアコンクリーニングを行いエアコンの効率を上げることは節電、省エネに繋がります。
フィルターに汚れが詰まってしまうとエアコンが取り込む空気が減少してしまいエアコンの効率が下がります。
またフィルターの内部にある熱交換器(アルミフィン)がホコリやたばこのヤニ、料理の油汚れ、カビなどで目詰まりを起こすと空気を冷やす機能が低下してしまう為、結果冷えにくくなったエアコンの設定温度を必要以上に下げてしまうことになります。
そんなエアコンの効率低下の原因を解消することで、適切な温度設定で使用することに繋がります。
その為、節電、省エネ対策が出来ます。

5.カビ、ホコリを除去し空気がキレイになる。

エアコンは空気を取り込んで吐き出す造りとなっている為、内部がカビやホコリで汚れていれば当然その汚れた空気が一緒に吐き出されます。
中には、その汚れた空気が原因で咳やくしゃみなどのアレルギー反応が出る場合もあります。
エアコンクリーニングは普段お手入れが難しい内部の汚れを高圧洗浄機で洗い流して、カビやホコリを除去しますので吐き出す空気がキレイになります。

ページトップへ
?